アプリボット広報

記事一覧(54)

「海外のワクワクを日本に持ってくる」グローバルパートナー事業部とは

海外プロダクトの日本展開におけるコンサルティング、マーケティングなどのサポートを行っているグローバルパートナー事業部。事業責任者である平山、プロモーション担当である吉野、マーケティング担当である酒井の3名に、今どのような案件に取り組み、どのようなことにやりがいを感じているのか、また今後の展望などについて聞きました。 (中央)平山 拓己(Takumi Hirayama)2015年サイバーエージェント入社。サムザップにて、プロジェクトマネージャー、プロデューサーとしてゲーム開発に携わる。2018年アプリボットに異動、グローバルパートナー事業部配属、2018年12月より事業責任者として従事。 (左)吉野 成美(Narumi Yoshino)2019年サイバーエージェント入社、アプリボット出向。グローバルパートナー事業部にてマーケティングを担当後、現在はプロモーションを担当。 (右)酒井 貴浩(Takahiro Sakai)2019年サイバーエージェント入社、アプリボット出向。グローバルパートナー事業部にてマーケティングを担当。◆日本進出を目指す海外クライアントのサポート―――グローバルパートナー事業部は、どのようなことに取り組んでいる部署ですか?平山:簡潔に説明しますと、日本進出を目指す海外のゲーム会社のサポートをしている部署です。サポート内容はクライアントによって異なるのですが、ゲーム内のローカライズを含めた改修提案やマーケティング戦略などを主に行っています。私たちの部署にいる約20名のメンバーそれぞれが裁量を持って業務にあたっています。 ―――皆さんは、どのような業務を担当されているのでしょうか?平山:私は事業責任者としてグローバルパートナー事業部全体のことをみつつ、個人でも案件を持ちフロントとしても従事しています。フロントはクライアントからの要望全てに対応します。マーケティング担当者と連携して数字をまとめたり、ゲーム内のローカライズを含めた改修案を考えたりして、クライアントと直接やりとりをする役割を担っています。 酒井:グローバルパートナー事業部が請け負っているタイトルの1つで、日本のマーケティングを担当しています。私の業務としては、主に広告の戦略策定と実務部分である広告運用を行なっています。 吉野:2019年12月頃までは、酒井と同じようにマーケティングで海外タイトルの運用の部分を担当していました。現在は、今年4月にリリースを予定している海外タイトルのプロモーションの責任者を担当しています。

8月のMVP! 「生きている限り、ゲームをつくり続けたい」だからこそ自分にできることは何でもやる

アプリボットでは、その月に最も活躍した人をMVPとして表彰しています。今回は、8月にMVPを受賞した新作RPG「BLADE XLORD -ブレイドエクスロード-」・「神式一閃 カムライトライブ」のプランナー大浦亮に、どのようなことをしてMVPを受賞したのか、この先どのようなことに取り組んでいきたいのかについて聞きました。◆ゲームの面白さに責任を持つ仕事だから楽しい―――今の業務内容について教えてください。「BLADE XLORD -ブレイドエクスロード-」・「神式一閃 カムライトライブ」でゲーム全体のバランスに責任を持つゲームデザインを担当しています。具体的には、ゲーム内のバトルエリアなどの様々なステージの設計、面白さやゲーム性、難易度の調整を行っています。私の場合は他のプロジェクトにも入り、ゲームデザインの部分で携わらせてもらうことが多いです。―――今回は、どのような理由でMVPに選ばれたのでしょうか?「神式一閃 カムライトライブ」のプロジェクトに2年ほど所属しているのですが、そこで得たゲームデザインの知見を活かし、他のプロジェクトにも貢献したところを評価していただきました。表彰者の選出は、私を含めリーダーメンバーで相談して決定するので、基本的に私は選ばれないと思っていました。私が知らないところで他のメンバーが推薦してくれていたのだと思うと、すごく嬉しかったです!名前を呼ばれた瞬間メンバーへの思いが募って、ちょっと泣きそうになりました(笑)

「どんなことでも自分次第で変えられる」新規プロジェクトでバリューを出しMVPになったエンジニアが挑戦したいこととは

アプリボットでは、その月に最も活躍した人をMVPとして毎月表彰しています。今回は、事前登録受付中の新作RPG「BLADE XLORD -ブレイドエクスロード-」(以下、「ブレイドエクスロード」)でクライアントエンジニアを務める小松原啓史に、どのような成果を出してMVPを受賞したのか、また今後どのようなことに挑戦したいかについて話を聞きました。◆新しい環境でバリューを発揮できた―――現在、どのような業務を担当されていますか?この秋リリース予定の「ブレイドエクスロード」でクライアントエンジニアをしています。ここ2ヶ月くらいは、ゲームをプレイする中で動作が遅くなってしまう箇所を改善するなどのパフォーマンスチューニングを担当していました。最近では、サービスリリース後に運用していくためのシステム整理に取り組んでいます。―――今回は、どのようなことでMVPを受賞したのでしょうか?「ブレイドエクスロード」で担当しているパフォーマンスチューニングで成果を出してMVPを受賞しました。数ヶ月前までは、携帯電話の機種によって、ゲームの起動とタイトルが出てくるまでに30秒〜1分ほど時間がかかっていました。それが現在は、15秒程度に改善されています。どこに問題があるのか探るところからはじめ、仮説を立てながら作業を進めたところ改善に成功したため、その成果を評価していただけたのだと思っています。―――MVPを受賞した時の感想を教えてください。パフォーマンスチューニングの作業が無事に完了したことはもちろん良かったのですが、私は昨年の6月に今のプロジェクトに異動してきたため、新しい環境でバリューを発揮できたことが良かったと感じました。

young day!

先日、入社3年目までのメンバーが、「若手からアプリボットを成長させていくには」をテーマに施策を考え、提案・議論する会議「young day」を初めて開催しました。もともとアプリボットでは、半年に一度、役員陣がリーダーとなり社員数名を選抜してチームを組成し、アプリボットの“みらい”をつくる新規事業案や組織課題解決案などを提案・議論する場である「みらい会議」を開催しています。この度実施された「young day」は、若手版の「みらい会議」のような取り組みです。今回は、「young day」を開催した背景や、開催時の様子などについてご紹介していきたいと思います。―――「young day」開催の経緯アプリボットでは、メンバー全員が経営視点を持ち、組織にとって必要なことを考え行動していこうという考えを大切にしています。「みらい会議」もそのような考えのもと、メンバーに主体的に経営・組織作りに携わってもらうために開催されています。今回の「young day」は、まさにこの「みらい会議」で決議された案になります。アプリボットは創立9周年を迎えたばかりでまだまだ歴史の浅い企業ではありますが、若手社員からすると設立当初からいるメンバーは大先輩に見え意見を言いづらいのではないか、若手だけを集めて意見を聞いた方がいいのではないかという意見が上がっていました。また、最近では従業員も300名ほどに増え、新規プロジェクトの立ち上げや事業多角化も伴い、以前と比較してプロジェクトをまたいでの従業員同士の交流が持ちづらくなってきているという課題もありました。そこで、次世代のアプリボットを担う若手メンバー同士をつなげ、会社のみらいを考えるきっかけをつくることを目的に「young day」の実施が決議されました。―――実施方法会場は、千葉県にある合宿施設をお借りしました。環境を変えることで普段は思いつかないようなアイディアが浮かんだり、業務から離れることで集中力を高めるなどの効果を狙っています。「young day」は、1年目〜3年目までのメンバーが4チームに分かれ、各チームに4年目のメンバーがメンターとしてつきました。そして、実施日の2週間ほど前からどのような案を提案するのかチーム内で議論し始めました。当日は、制限時間内であれば何度でも役員に提案できるトライアウト形式で実施しました。準備期間が2週間程度だったにも関わらず各チーム10案程度の案を準備してきており、提案するのに時間が足りないほどでした。案には3〜15点の点数がつけられ、獲得した合計得点によってチームのランキングと実施するかどうかが決定します。